横浜相続相談ブログ|横浜で相続の相談なら横浜相続相談センターへ

  1. HOME > 
  2. ブログ > 
  3. 自筆証書遺言について

自筆証書遺言について | 横浜相続相談センター運営のブログ

自筆証書遺言について | 横浜相続相談センター運営のブログ

自筆証書遺言について

2016年01月09日

カテゴリ:分割 遺言

こんにちは。

横浜相続相談センター(運営:一般社団法人 神奈川県相続相談協会)の豊田です。

 

 

本日は昨日に触れた自筆証書遺言についてのお話です。

 

 

自筆証書遺言は遺言には下記のメリット、デメリットがあります。

 

 

メリット

・簡単に書ける

・費用がかからない

・内容を秘密に出来る

 

デメリット

 

・日付、署名、押印に不備があると無効

・紛失、見つからない恐れがある

・偽造、変造の恐れがある

・検認の手続きが必要

 

 

自分で書くことが出来るのがメリットですが、書き方を間違うと無効になってしまったり、遺留分を侵害すると減殺請求(もらえる財産をもらえなかった方が請求すること)される恐れがあります。

例えば日付は平成●●年●月●日は大丈夫ですが、平成●●年●月吉日は無効です。このように書き方を少しでも間違えると無効になってしまうリスクがありますので、書き方や遺留分を考慮した内容を書くにはプロのアドバイスをもらった方が良いです。また、せっかく有効な遺言を書いても見つからないという事態もあります。

 

 

その為、横浜相続相談センター(運営:一般社団法人 神奈川県相続相談協会)では、公正証書遺言をお勧めしています。公正証書遺言については、また明日触れたいと思います。

 

=======================================================

 

一般社団法人 神奈川県相続相談協会の無料メールマガジンでは、相続の一般的な知識や情報に加え、本やメディア、ブログでは語らなかった相続の知識や事例、セミナーなどの先行情報、また会員限定のセミナーなど、登録している方のみの情報を多数配信しています。

相続対策のプロが、円満相続を迎える方法をお伝えします。

 

登録も簡単で1分で登録出来ます。お気軽にご登録下さい。

▼▼▼登録はこちらから▼▼▼

簡単1分で無料メールマガジン登録

 

=======================================================

 

【相続セミナー】開催情報

セミナー開催情報はコチラ

 

・平成28年 7月17日(日) 相続を争族にしない!!『相続対策のはじめの一歩を間違わない為のセミナー』

『何をすればいいのか?』、『誰に相談すれば良いのか?』、『どんな相続対策があるのか?』・・・

相続対策のはじめの一歩を踏み出すうえで生じる疑問、間違った相続対策をしない為のセミナーです。

詳細はコチラ

 

=======================================================

 

■■■一般社団法人 神奈川県相続相談協会■■■

・生前対策の遺産分割対策、遺言作成、相続税の節税対策

・相続後の遺産分割対策、相続税申告の節税対策

など、争族を防ぎ円満相続を迎える為の対策や資産を殖やして守る対策まで、お客様ごとにオーダーメードの相続対策を作成します。

 

【無料相談のお申し込みはコチラから】

・お電話でお問い合わせの場合  045-321-5520

・お問い合わせフォームの場合  お問い合わせフォーム(24時間対応)

 

【アクセス】

横浜駅西口より徒歩5分、横浜駅きた西口より徒歩3分

アクセスマップはコチラから

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町二丁目番地10番地1 MINDANビル5階

 

【営業時間】 10:00~21:00

 

【定休日】  水曜日

 

【ホームページ・facebook】

HP:http://www.yokohamasouzoku.com

facebook:https://www.facebook.com/kanagawasouzokusoudan

 

=======================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です